金の国 水の国 2巻 あるの【続きを全力待機】



『金の国 水の国』は、まんが王国でよむことができますが、
『金の国 水の国』の2巻は、
残念ながら、2017/3現在、発刊されてなさそうです…(´﹏`*)・゚。


私も続きがあるか気になったので調べたところ、
 ・『金の国 水の国』の連載は終了している
 ・まんが王国では、1巻完結と書かれている
 ・いまは「マロニエ王国の七人の騎士」を同じ月間flowersで連載中

なので、当面はなさそうです。


『金の国 水の国』って
2016年の夏に出てたんだそうです。
意外と最近でした。


それで、『このマンガがすごい!2017』に選ばれるということは
連載中からすごい人気だったのでしょうね。
AMAZONのレビューでも、
単行本待ってました!の声、多くみかけました。


そういえば、1巻だけだから、
きれいにまとまってた、
というレビューもみかけました。
2巻分のボリュームあったら、
どんなエピソードが入ってたでしょうね?


外伝的な形で続刊が出るのも面白いかなと
思ったのですが、どうでしょうか?


わたしが読んでみたいのは、
 ・夫婦になったサーラとナヤンバヤル
 ・A国建国時の話
 ・レオボルディーネをメインにした話
 ・ライララの話
です。


前ふたつはごくごく普通の前日譚・後日譚ですよね(◍•ᴗ•◍)


もちろん仲睦まじいお二人だと思うのですが!


喧嘩したらどうするのかな~とか
結婚式どんな感じでやったのかな~とか
どこにどんな感じで住んでるのかな~とか
子育てはばあやが頑張ったのかな~とか
考えたらわくわくしてしまって。


国政は国王とレオボルディーネがすすめて、
サーラはナヤンバヤルに降嫁した、
というのが現実的でしょうか?


あ、でも、その場合も、
世継ぎどうしたんだって点は気になりますね。


後半はおもいっきり好奇心です。


いろいろ含みのありそうだったレオボルディーネ。
きっと単行本一冊分くらいはあると思うんです。
(→レオボルディーネについてはこっちでも語りました。 レオボルディーネについて

そしてライララ!
おいしいところをすべてさらっていくライララ!
これはもう少し書きたいので、別の記事にします。
(→記事にしました。ライララ何者?

『金の国 水の国』自体は、まんが王国で読めますよ♪
アプリでパラパラめくりながら読むと感動増しでした!ヾ(●´▽`●)ノ彡☆

この記事へのコメント